スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ペットボトルキャップにまつわるプロジェクト 
( ※今日の記事は(も!)長いです。でも、皆さんにも知って
  いただきたいので、お読みいただけたら嬉しいです!ぜひ!! )



たしか、うちのムスメが小学生になってすぐの頃。

箱根新道のパーキングで、
「ペットボトル部門」 と 「ペットボトルキャップ部門」 に
分かれた回収箱をみつけ、ムスメに 
「 おかあさん、これ、なんで分かれてるの? 」 と聞かれました。

今でこそあたりまえのように 
これらを分けたタイプの回収ボックスが見られますが、
その当時(と言っても、1年半くらい前)は結構珍しく、

「 あのね、ペットボトルのキャップが
 世界のお友だちを救える薬になるんだよ~ 」 と

実家の静岡に向かう車の中で話したのを覚えています。

理解度としては 「漠然」となのか、それとも「歴然」となのか
そのあたりのことは定かでありませんが、
その後、ムスメが ペットボトルキャップに興味を持ち始め、
集めようよ~、集めたいな~・・・・・・と。

そして、その話を知った在園児のこーちゃんママが、

「 じゃあ~みんなで集めようよ!やろうよ! 」 と。

それが、この 『○○○プロジェクト』 の始まりです♪
( ※○○○には、ムスメの名前が入っています )


▼こ~んな立派なのを作って掲示&告知してくれたり、



▼回収箱も用意してくれたり(今じゃ年季入ってますっ)


そのおかげで、45リットルのポリ袋×7 のキャップが集まりました。

○袋以上で回収にうかがいま~す!という業者さんもありますが、
そうでなくって、せっかくだから、自分たちの足を使ってお届けした方が
心に残るんじゃないかな?・・・・という、教育目的もあり、

本日、わくわくさんみんなで、遠藤市民センターさんへお届けに!

( そのときの様子は コチラ≫ で ご覧ください。 )


400コでたった10円? だったら募金活動した方が早くない?
800コでポリオワクチンひとり分? うっそーん!!
せっせと集めていろんな工程を経てやっとワクチンになるなんて
コストばっかりかかっちゃってムダじゃない?

・・・・・・なんて、ぜったいに思わないでくださいね。

違うんですよ、もっと深いんです。

捨ててしまったらただのゴミにしかならないものだけど、
みんなが意識して分別したり、力をあわせて集めたりすれば、

「 世界のトモダチの命が救えるんだ 」
「 地球にだって優しいんだ 」 ( まだいろいろありますが・・・・・ )

そういうことを、子どもたちが知り、考え、心に刻んで欲しいのです。

わくわくさんは、ちょうど毎週ゴミ拾い活動もしていますからね、
もちろん、それにだって結びつく活動にも繋がります。

だから、思いたって このプロジェクトを立ち上げてくれた
こーちゃんんママには感謝感謝。アリガトーっ!!!!

そして、「 そうだよねー、イイことだよ! 」 「 会社でも集めてくるね 」
と、せっせせっせと集めることに協力してくださった
たんぽぽパパママちゃんずにも、心より感謝なのです!!

皆さん、本当にありがとうございます。


≪覚え書きで~≫

■「今日持ち込んだ分で、いったいワクチン何人分だったのかなー?」

今回、途中で数を数えるコトに挫折し、今日、そのまま持っていって
しまいました。いったいこれでワクチン何人分だったんだろう?と
わからないままになってしまったのが、ご協力いただいた皆さまに
大変申し訳なく・・・・・ 
先ほども書きましたが、今回は45リッターのポリ袋いっぱい×7袋です。 
今回の分については、次回、1袋集まった時点で数を数え、
それを7袋分に換算して、きちんと報告させていただきますね。

■「これからも1年に1回のペースでお届けしようと思います。」

だいたい1年でこれくらいの量が集まると考え、
これからも年1回のペースでお届けしようかと。
先ほど、ゆうTが 「 エコ週間とか、ペットボトルなんとか月間とか
ないのかなー? 」 と調べてくれたんですが、ないみたい・・・
ですから、来年も、いろんなコトが一旦ひと段落するこの時期に。
皆さん、これからも続けての回収にご協力お願いします。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。